1/3

法象学研究所

 開運LIFEの家

吉家相のオーダーメイド

        
 
        家相の鑑定
    法象学・九星気学・易学 から
​ 貴方の生年月日を元に、ご提案いたします。
 
  < 引っ越し・リフォーム・店舗開設・土地 >

 生きて行く上で必要な『 

​   中でも『』に こだわる理由

 

・幸運の間取りを造る法象学の吉家相・【天相式家相】

家は『夢のマイホーム』と言われる位、殆どの人が一生に一度の大きな買い物と考える事でしょう。

そして、誰もが失敗したくない買い物です。

 

もちろん幸せな生活を夢見て、思い願い生活をし続ける訳だからだが幸せでなければなりません。

しかし、凶方位のタイミングで住居し出したり、凶家相の間取りだったりすると、災いは免れられない事があります。

どれ程の年月そこに住居したかも影響しますが、ガン家相に長年住めばガンになり易くなり、やもめ家相や後家相に住めばは未亡人や離婚だったり、女系家族の家相や、子宝が授からない家相、お金がたまらない家相、不思議な事にその様な所に住居し子供を産めば、産まれた子供は片親相の生年月日だったりと凶家相の影響は大きいです。

 

良い間取りは良い人格を育成し『成功と幸せ』へと増して行きます。

逆に、空気の流れを遮る様な悪い間取りは、家の中に死角が出来て、病気になったり、最悪の場合は命を落とす事もあります。

 

生きていく上で必要な『空気と水』とても大事です。

綺麗に自然な空気が流れるには、地球が自転している左方向、日本は北半球ですの反時計回り(左回り)に自転している事で、北半球で生じる渦や台風にもコリオリ力が生じ左巻きです。

 

そして、日本の上空には偏西風と言う大気の流れがあります。

 

だからこそ、空気の流れを考えて、玄関から綺麗に空気の流れを取り入れられる間取りを作る事によって、快適な空間になるのです。

水回りは、鬼門(北東)や裏鬼門(南西)にあると、子宝に恵まれなかったり、後家、やもめ相です。

 

住居は毎日の蓄積です。

お洒落なデザイン住宅も良いですが、せっかく購入する『夢のマイホーム』を『幸せ間取りのマイホーム』の吉家相もプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

  ​【方位には、それぞれ意味があります。】

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

copyright © Office Pchee All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now